声優の仕事内容って?デビューしやすい声優養成所は?そんな疑問を一挙解決!

声優から引退した後に進める道は?

声優から引退した後に進める道は?

 

声優はいつまでも続けられる仕事ではありません。
たとえば、声優として十分に稼げずに引退することもあります。
声が枯れて声優として続けられなくなることもあります。
一体、声優業を引退した後にはどのような道があるのでしょうか。
ここではそんな気になるポイントを見ていきましょう。

 

声優を引退した後のことについて

声優を引退したらどうなるかはあまり知られていません。
こうしたことは声優養成所でもあまり教えられないことですが、声優になるからには必ず知っておきたいことであることは確かです。
実際に声優引退後にどうなるかは人によって様々ですが、実は意外な選択肢もあることは知っておきましょう。

 

〇声優講師

たとえば、声優講師になるという道があります。
声優講師は必ずしも声が出せなくともできますから、喉を壊してしまったという人でも声優講師にはなれます。
声優講師は稼ぎも安定していますし、次の時代の声優を育てることができるのも魅力的です。

とはいえ、声優講師になることは決して簡単ではありません。
やはり声優講師になるためにはある程度の業績がないといけませんから、あまり活躍がない声優だと声優養成所に採用してもらえないこともあります。
しかし、声優講師は声優引退後の選択肢としては見逃せないところです。

〇メディア関係の仕事

他にも、声優後にメディア関係の仕事に進むこともできます。
声優をしていれば自然と人脈も増えてきますから、声優後に仕事を勧められるということもあるのです。
裏方仕事などの仕事ももらえることがありますが、こうした選択肢も声優にはあります。

声優として知名人になれば声優以外の業界で活躍することもできます。
歌が上手い人は歌手デビューしたり歌の講師になったりといったことも可能です。
このように声優をやめた後も声優をしている際の技能が役立ってくることは多いものです。

 

どのような声優になりたいのか声優養成所にいる間に将来像をはっきりさせておく

こうした声優を辞めた後のことも含めて、

「どのような声優になりたいのか」

といったことをじっくり考えておくと良いでしょう。
声優養成所にいる間は時間がありますが、この期間中に進路についても考えておけば後で活きてくるものです。

たとえば、「有名な声優になって多方面で活躍する」ことを目指すのも良いでしょう。
「フリーランスになって自分のスタイルで働いていく」ことを目指すのも悪くありません。

なりたい声優像が明確であればあるほどに勉強にも身が入りますし、より努力もしやすくなってきます。
自分がしなければいけないことも明確化されてくるのもしっかりと将来像を思い描く利点でしょう。

とはいえ、「声優にもなっていないのに将来について考えるのは難しい」と感じる人もいるでしょう。
そんな場合には先輩声優に話を聞いてみるのは実におすすめです。
また、自分が好きな声優がどのような道を歩んでいるのか調べてみるのも良いでしょう。

 

〇声優の仕事は決して簡単なものではない

いずれにしても、声優の仕事は決して簡単なものではないことは理解しておくのが大事です。
声優養成所を出る人は毎年数千人以上もいますが、その多くが道半ばにして声優になるのを諦めてしまうことはあまり知られていません。

例えば、あまり稼げないために人によっては辞めてしまう人もいます。
他に、仕事をし始めて声優の仕事に幻滅する人もいます。
単に才能があまりなくて声優として成功しないという人もいるのです。
このようにいろいろな理由で声優として挫折してしまうものですが、声優として活躍していける人は限られていることは十分に理解しておきましょう。
だからこそ「もしも声優に失敗した際にどうするか」といったことも同時に考えておきたいところです。