声優の仕事内容って?デビューしやすい声優養成所は?そんな疑問を一挙解決!

声優の向いている人ってどんな人?才能がないとなれないの?

声優は才能がないとなれないのか

 

 

声優になる際に気になるのが「向き・不向き」についてです。
どの仕事であれ「向き・不向き」はある程度ありますが、声優は特にこうした側面が強いものです。
声優は才能がないとなれないものなのでしょうか。
ここではこうしたポイントについて紹介します。

 

 

声優と才能の関係について知る!

声優をしている人はどの人も才能があるように思えるものです。
声優養成所に通う前に「自分には才能があるのか」と不安になってしまうかもしれません。
しかし、才能がある・ないに関わらず、しっかりとした練習・トレーニングは欠かせないものです。
逆に才能があまりなくてもしっかりと修練を積むことにより声優として活躍していくことができます。
実際、声質も修練である程度変えられますし、演技の方法なども声優養成所で学べます。
特にナレーションであれば才能というよりもトレーニングが大事になってくるものです。
このように声優として活躍するためには必ずしも才能が必要というわけではなく、凡人であっても声優になることはもちろん可能です。
とはいえ、滑舌が異常に悪い場合には声優として活躍するのは難しいことも。
滑舌はアゴ・骨格の問題であることもありますから、滑舌が悪いからといって諦めることはありません。
こうした場合には矯正手術をすれば問題解決できるでしょう。
才能はともかくとして、「声優に向いている・向いてない」という違いはあるものです。
例えば、演技をすることが好き・アニメや映画が好きといった人は声優に向いています。
アニメや映画が好きであればアニメ声優や吹き替えの仕事もより身を入れて取り組めるでしょう。
また、声優の仕事は集団作業です。
1人で出来る仕事はありませんから、集団作業が好きという人にも向いているのが声優でしょう。
一方、内気な人は余り声優には向いていません。
声優ともなれば色々と露出も増えます。
スタジオでもありのままの自分をさらけ出さないといけません。
このように「向き・不向き」はありますから、自分が声優に向いているかどうかは今一度考えておくと良いでしょう。

才能があるか確かめる方法

このように才能は必ずしも声優になるためには必要ありません。
しかし、才能があるに越したことはないのも確か。
例えば、人によっては意識せずとも役にすぐに入り込めるというような人もいますし、声を変えるのが非常にうまいという人もいます。
これは生まれ持った才能だけでなく性格や人生経験も関わってくることです。
自分に才能があるかどうか知りたいという際には、実際に声優のオーディションを受けてみるのも良いでしょう。
オーディションを受ければ声優に求められることも解ってきますし、セリフ実演などを通して自分の可能性も確かめられます。
もちろん、声優養成所に通うことで自分がどれだけ声優に向いているかも解るものです。
声優養成所も半年程度で終わるところもありますし、安いところだと授業料も50万円以下です。
そのため、自分の才能を確かめるためにも、まずは声優養成所に通って他の仲間と切磋琢磨してみるのもおすすめ。
とはいえ、才能があるからといって声優として成功するとは限りません。
いくら才能があってもしっかりとトレーニングを積まないといけません。
声優業は人と人との繋がりも大事な仕事ですが、「才能があるから」と傲慢な態度でいると仕事を頼まれることも少なくなるでしょう。
紹介したように才能がなくとも声優になることは可能です。
才能という言葉は誤解を生むこともありますから、むしろ才能ばかりに気を取られずに練習に励んでいくことが大事でしょう。
本当の「才能」は絶え間ない練習から生まれてくることもあるのです。